保険の基礎知識・特定疾病保障特約(三大疾病保障特約)

特定疾病保障特約(三大疾病保障特約)

ガン、急性心筋梗塞、脳卒中の三大成人病により所定の状態になったとき、被保険者が生存中に死亡保険金と同額の特定疾病保険金が受け取れます。特定疾病保険金を受け取った時点で、特約は消滅します。死亡したときは、死亡保険金が受け取れます。保険期間が一定期間の定期型と一生涯の終身型があります。
注) 三大成人病による所定の状態については、生命保険会社によって異なる場合がありますので、「ご契約のしおり−(定款)・約款」などでよく確認する必要があります。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。